お花で包まれた家族葬プランも人気

最後の花道を美しく彩りある花畑のようにして送り出したいという時、家族葬をお花で包まれたプランにすることもできます。日本のお葬式の花というと、菊がよく用いられますが、そうではなく故人が生前愛した花をメインに葬儀会場を華やかに彩どるお葬式です。

生前、にぎやかなことが好きだったという人なら、お花に囲まれたお葬式プランはぴったりなお葬式となります。例えばお葬式には合わないとされるひまわりや赤いバラ、そのほか色とりどりのお花を利用しても、家族葬は身内と親しい親族、友人しか呼ばないお葬式となるため、昔ながらのお葬式の形ではないことに苦言を呈する人もいないでしょう。心に残るお葬式の形を考える事ができるのが家族葬です。

お葬式では通常利用しないお花でも、家族葬では家族の気持ち、故人の気持ち優先のお葬式であり、参列してくれる会葬者の方に向けて準備を進めることが少ないお葬式となります。故人が愛した美しい花を遺族と葬儀社で形よく仕上げ、手作り感のあるお葬式にしても遺族の心に残るお葬式になるでしょう。自由な発想で家族らしく、また故人らしく最後のお別れができる家族葬はとても自由です。お花いっぱいのお葬式で故人を美しくお見送りするということも、一つの素敵なお葬式の形です。