無宗教の家族葬プラン

外国の方は宗教を持っている方が多く、お葬式の際にも宗教に沿って行うことがほとんどです。日本でも昔からお葬式の際などに利用してきたお寺によるものを自分たちの宗教としていることもありますが、日頃から宗教に沿った日々を送る人は少ないといわれています。

お葬式を行う時、先祖が古くから行ってきたお葬式を行うのではなく、無宗教のお葬式を選択する場合、家族葬を選択する家族も多くなっています。お坊さんのお話やお経の時間を作らず、家族と親しい親類、友人たちが囲む無宗教のお葬式です。お経を読んでもらう時間などもないため、故人とのお別れの時間をたっぷり持つことができます。

また家族が大切な人とのお別れの際、最後にしてあげたいことを選び、お葬式に織り込むこともできるのが家族葬です。基本的に家族葬のプランはその流れなど決まっている葬儀社も多いですが、どのようなことを行うのかはフリーとしているプランが多く、無宗教で過ごしてきた家族がお寺を利用せず行うお葬式も、現代のお葬式の形となっています。祭壇も形にとらわれることなく、自由な発想で作ることができるため、家族葬のプランの中でも無宗教の形にするプランは現在多くなっています。