故人の生前を偲ぶ家族葬プラン

家族葬のプランとしてよく行われているプランに、生前の故人を偲ぶお葬式があります。例えば故人の写真、大切にしていたもの、思い出になるものを葬儀会場に並べて行うお葬式です。スポーツ用具や趣味で利用していた用具などを並べることで、故人と長く生活してきた家族が思い出を語る場となります。

一般的なお葬式の場合、参列する方が多く、故人との思い出話に花を咲かせるといった時間は少なく、参列してもらった方への対応で精いっぱいになることが多いです。しかし家族葬では、参列する人の数が少ないため、故人の写真や趣味のグッズ、故人が生前愛したものを見ては、参列してくれた方とゆっくり語ることもできます。

故人の思い出として映像を流し、生きていた頃の姿を参列してくれた方に見てもらうことも素敵です。家族葬はこうしなければならないという規則、決まりごとがないため、家族の意志をお葬式の中に入れることができ、また故人の遺言などがあればその遺言通りにお葬式を行うこともできるのです。

大切な方が亡くなって気持ちの整理ができない遺族も多いです。しかし、こうして故人の生前を偲ぶお葬式ができれば、通夜、お葬式を通じて少しずつ気持ちを整理することもできるでしょう。