家族葬なら自宅でのお葬式プランも考えられる

お葬式を行う際、一般葬の場合は葬儀場を借りて行うことが多くなっています。昔は隣近所の方が亡くなった方の家に手伝いに来て行うお葬式が一般的でしたが、隣近所とのお付き合いが薄くなっていること、また隣組などの昔ながらの組が都市部ではなくなっていることもあり、お葬式場で執り行うことがほとんどといっていいくらいです。

自宅で昔ながらのお葬式プランを考えたくても、参列する人の数が多い場合、席を設ける事も難しく、葬儀場を借りる以外に手段がないということもあります。しかし家族葬の場合、基本的に家族のみ、また付き合いの濃い親戚、さらに特に親しくお付き合いさせていただいてきた故人の友人という非常に少ない人数で行うお葬式です。参列してもらう人の数が少数となるため、自宅でゆっくりと時間を取ってお葬式することも可能となります。

最後くらいは自宅でのんびりしてほしいという気持ちの家族にとって、少数で行うお葬式のプランは理想的といえるのです。亡くなった方と最後のお別れを納得がいくまで自宅で行うことができれば、大切な方の旅立ちを静かにゆっくりと行うことができるでしょう。自宅で家族葬を行うことで、心に余裕を持てるというメリットもあります。